確実に出会うために

性病のリスクは自分で防ごう

知り合った男女が、何も難しいことは考えないでセックスして、お互いに気持ちよくなって、満足してそれで終わりということになったらそれで幸せなのかもしれませんが、残念ながら、セックスとか男女の関係って、それほど単純なものではないんですよね。単純ではないからこそいろいろとトラブルが起こってしまうんです。よっぽど変な人でない限り、自分から積極的にトラブルに巻き込まれたいと考える人はいないでしょう。

私が考えるトラブルというのは、もちろん人間関係がこじれるリスクとかもそうなんですけど、それ以外にやっぱり、不特定多数の男女が性行為を行う際に考えるトラブルというのも重要だと思いますね。不特定多数の男女が性行為を行う際に怒りえるトラブル、それは性病ですね。

性病のことについては、今の時代、特に情報が隠されているわけではなく(昔はけっこう、男女の性という項目がいま以上に隠されていたこともあったみたいで、同様に性病のリスクということについても、しっかりした情報というものが出回っていませんでした)ネットで調べれば誰でもある程度の情報を得ることができますし、ネットの情報ではちょっと信頼性に不安があるという人だったら、紙媒体で情報を得たらいいと思います。とにかく、性行為をする前には必ず性病に関する知識をある程度は仕入れておくべきです。

出会いアプリを利用して出会いを求めるのは悪いことではありませんし、出会いアプリは本当に便利なものだと思うのですが、不特定多数の人と知り合うことに関しては、何のリスクもないというわけではありません。たとえ自分が性病に感染していないとしても、これから出会ってセックスすることになるパートナーが性病に感染しているリスクということはいくらでも考えられます。

性病というものは、きちんと専門の医療機関にかかって検査しなければ、発覚しないものが多く、性病に罹っている本人ですら自分がそういう状態であるということに気付かず、気が付かないまま不特定多数の人とセックスすれば、相手の人にどんどん病気が広がっていってしまうという悪循環です。

だから、こんな言い方をするのはよくないのかもしれませんが、出会いアプリなどで知り合ったパートナーを百パーセント信頼するのは危険です。性病に罹っているかどうか検査をしていないから、本人ですら性病に罹っていることに気付かないというパターンは多いですし、たとえそういう疑いに気付いていたとしても、出会いアプリを利用して知り合ったパートナーにそのことを離せば、悪い印象を持たれて関係を続けられなくなってしまうと考え、何も言わずに黙っているという人が非常に多いのです。

だから、性病のリスクを避けたければ、たとえ相手が用意していなくても、自分から避妊具を用意して、これを付けてくださいというふうにお願いするようにしましょう。もしお願いを断られたら、そのパートナーとお付き合いを続けることは危険だと思います。

そして、二人の関係がある程度深くなってきたら、パートナーには必ず(というか自分も)性病に感染していないかどうか、専門の医療機関にて検査を受けることがベストです。

セフレと出会った後は…【http://xn--u8j5ak1ce2d3hsae6213gh7yb.net/

確実に出会うために

セフレとの関係を円満に続けていくために必要なものは?

とにかく、セフレとしてうまくいっている男女を見ていると、共通しているのが、美男美女であるとかお金を持っているとかそういうことではなくて、お互いに求めあっているものをどれだけ持っているかということに尽きると思います。ちょっと分かりにくい表現になってしまったかもしれませんが、セフレって、結婚している男女の関係とは明確に違うわけですよね。違うからこそ良いところもあれば悪いところもあるでしょう。個人的には、セフレという男女関係を持つことについて、単純に誰か好きな人と出会って結婚するよりも、セフレという関係を気楽に続けていく方が楽だとは思うのですが。

セフレという関係は、特に若い女性たちの間で、フケツな関係だとみなされがちです。今ではそういう価値観も少しずつ変わっているのかもしれませんが、一昔前なら特にそうでした。セフレという関係は、なんとなく相手のことを大事にしない男女関係というか、常に複数の異性と同時にお付き合いをするのが当たり前の関係というような見られ方もあったのかもしれません。実際、複数のセフレと同時に関係を持っている人もいるので、そういうことについては何ともコメントしづらいのですが。

実際、すでに結婚しているにもかかわらず出会いアプリなどを利用してセフレを募集する人も少なくありません。一昔前であればそういうことをするのは男性だけと思われていた節もあったのですが、最近では女性でも出会い系サイトを利用してセフレを募集するということがあまり抵抗なく行われているようなのです。それだけ、男らしく生きるとか女らしく生きるといったような、ちょっと古臭い価値観みたいなのがだんだん否定されてきているのかなというふうにも感じます。

とにかく、例えば結婚している女性がセフレを募集する場合、その女性について考えてみると、どう考えてもその女性は、自分がすでに結婚している旦那とは違うもの、旦那は持っていないものをセフレに対して求めるわけですよね。旦那に対して求めるものとセフレに対して求めるものがまったく同じなのであれば、その人妻はわざわざ出会いアプリを利用してセフレを募集する必要などないと思います。

出会いアプリを利用してセフレを募集することがあまりに簡単に行われているせいで、ちょっと感覚がマヒしているような人だっているかもしれませんが、こういうサイトなどでセフレを募集するということはつまり、浮気をしているということですからね。浮気をすることというのは、男性にとっても女性にとってもリスクが高い行為です。そのリスクを冒してまで不倫をするのはなぜなのか、それはやはり、先ほどから繰り返しているように、自分の現在のパートナーにはないもの(長所)をセフレに求めるからなんです(関連記事→セフレ)。

すでに、本当は離婚したいけれども、経済的な事情などがあって今の旦那とは離婚できない、旦那のことはもう全く愛していないという人もいれば、旦那のことはそれほど嫌っていないけれども、どうしてもセフレとの関係を求めてしまうという人もいます。特に後者の場合、わざわざ旦那がいる状態で、しかも旦那のことをある程度は愛している状態で他の人との関係を求めるわけですから、相当の理由が必要です。

セフレとの関係を円満に維持するため必要なものは、相手が自分に求めているものをどれだけ理解して相手に提供できるのかということなのです。相手が望んでいることをそのまましてあげることができれば、セフレの候補としては完璧だといえるのではないでしょうか。

確実に出会うために

女性だってサクラの詐欺被害に遭うリスクはあるんですよ

サクラの詐欺被害に遭うといったら、騙されるのは男性ばっかりというイメージがありますよね。実際、出会い系サイトを利用していてサクラなどの詐欺の被害に遭った人を調べていくと、女性の被害者よりも男性の被害者のほうが数が多いのは事実なんです。

でもだからといって、女性の被害者が全くいないというわけではなく、女性の利用者をだますサクラ、つまりは男性のサクラだっているのです。まあ、実際のところ、サクラはメールでやりとりするのが普通なので、メールを読んだだけでは、その相手が男か女かなんてわからないというのはあるのですが。

例えば、騙されない人にとっては、なんで桜なんかに騙されるのだろうというような不思議な感じはあると思うのですが、実際に騙されてしまう人は男女ともにいるわけなので、なんで騙されるのだろうということを考えるのはあまり意味がないと思います。ぶっちゃけ、サクラの詐欺被害に遭う人がどういうふうな手口にはまってしまうのかということを知っておいた方が自分のためにはなると思いますね。

男女ともにいえることですが、出会い系サイトを利用していてサクラの詐欺被害に遭う人というのは、けっこう油断している人の場合が多いです。もちろん、出会い系サイトを利用して知り合う人すべてに対して、この人はひょっとするとサクラではないかというふうに警戒心を強く持ちすぎると、あまり出会いを楽しめなくなるというのは事実ですが、それでもやっぱり油断するのはよくないですね。

油断している人に多いのは、自分が利用しているのは間違いなく優良な出会い系サイトだからだ丈夫だと考えてしまうパターンで、確かに優良な出会い系サイトを利用していると、それ以外のやり方より確実に素敵な出会いのチャンスをゲットできる確率は上がるわけですが、だからといって確実にサクラの詐欺被害に遭わないというわけではありません。

すでに出会い系サイトを利用することに慣れている人だったら、ある程度はご存じだと思いますが、たとえ自分が優良なサイトを利用していても、サクラの詐欺被害に遭う可能性はあるのです。優良な出会い系サイトの外から、一般のサイト利用者に交じってサクラがサイトに侵入してくるという例が実際にあるからです。そういうサクラは、まず女性の会員に対してなら、男性会員の振りをして、メル友になろうなどと言ってくるわけです。

もともと出会い系サイトを利用する目的は、異性との出会いを望んでいるからだという人が大半だと思うので、男性の会員からメル友になりましょうといわれたら、それだけでは断る理由は特にないでしょう。

あわせて読みたい最新関連記事【http://entersandman.black/

確実に出会うために

キャッシュバッカーを本気にさせたいと思ったことはありませんか?

出会い系サイトとか、出会いアプリとか、そういうものは確かに便利です。私自身も好きで使ってます。でもやっぱり、便利なだけのサイトではないなというのは常に思うのです。自分が好きでサイトを利用しているからこそ、そういうことを考える場面は特に多いような気がしますね。

出会いアプリなどを利用していて得に指摘されるのが、キャッシュバッカーの多さです。すでに出会い系サイトや出会いアプリを利用している人は、キャッシュバッカーの存在を知っている場合が多いと思うので、説明はいらないかもしれませんが、それでもやっぱりキャッシュバッカーといわれても何のことだかさっぱりわからないという人もいるかもしれませんので、念のため説明させていただきます。

キャッシュバッカーとは、出会い系サイトを利用している女性のうち、言ってしまえば真剣に出会い系サイトを利用して出会いを求める医師のない人たちを指します。出会い系サイトを利用して真剣に素敵な出会いを実現してみたいと考えている人にとっては、まさに「意味がわからない」と思ってしまうような存在かもしれませんが、実際に、せっかく出会い系サイトを利用しているのにもうぜんぜん真剣になっていない、ほとんど暇つぶしと同じようなものという人が実際にいるのです。

キャッシュバッカーはなぜそんな暇つぶしみたいなことをしているのかというと、要するに、いつか自分が本気で出会いを求めて見たくなったときのために、出会い系サイトの利用ポイントを稼いでいるんですよ。女性の会員であれば特に、例えば男性にメールの返信をしたり、あるいは、掲示板にコメントを書き込んだりという行動によって、出会い系サイトを無料で利用するためのポイントが加算されていくというケースがあるんです。

男性にもそういうふうにポイントを加算するサイトというのは確かにあるんですが、私が出会い系サイトを利用して見た印象では、やっぱり女性の会員のほうがポイントの還元についてもかなり優遇されているような気がしますね。

出会い系サイトを利用するうえでは、とにかく基本的には女性のほうが立場が強くなります。ものすごく些細なことを言うと、女性の会員は自分から積極的にメールを送ったりしなくても、男性から毎日たくさんのメールをもらいます。モテる女性などは、本当にとても読み切れないほどたくさんのメールをもらうんです。キャッシュバッカーとしてぼちぼち活動している女性などは、きっと男性からたくさんのメールをもらっても、ほとんどポイント稼ぎの道具とくらいにしか考えていないのかもしれませんが、メールを送っている男性の側からすれば必死です。

キャッシュバッカーとして出会い系サイトにいる女性は、厳密にはサクラではないのですが、どれだけメールを送っても向こうに出会う意思がない以上は、はっきり言ってサクラと同じようなものです。明らかに怪しいポイントとか、悪徳な出会い系サイトに出没するサクラのように「見抜けるポイントがない分」キャッシュバッカーとして活動している女性というのは、はっきり言ってめちゃくちゃたちが悪いかもしれません。

私はかつて、キャッシュバッカーを本気にさせてみたいと思ったことがあります。悪徳サイトに出没するサクラと違って、生身の女性、一般の会員であることには間違いないわけですから、相手が出会う気になれば、要するに、この人は本当に素敵だと思うような男性に出会えば、重い腰を上げるということも考えられます。

もちろん、出会い系サイトを利用する条件において、基本的に女性よりも男性会員のほうが振りという前提があるからこそ、キャッシュバッカーと呼ばれる女性がこれだけ多いわけです。キャッシュバッカーの存在を真剣にうっとおしいと思っている男性は多いでしょうし、実際に、スマートフォンで出会いアプリを検索してみると、たくさんヒットするわけですが、一見すると優良なアプリであると思われるようなものでも、中身がキャッシュバッカーばっかりでムカついた、というようなレビューをよく見かけます。

私も男なので腹が立つ気持ちは分かりますが、それでもこればっかりはある程度しょうがないのかなと思います。要はキャッシュバッカーを本気にさせればいいわけですよね。この人なら好きになれそうと思ってもらえる男になればいいわけですよね。すぐには難しくても、人生の経験を積めば(出会い系サイトを利用し続ければ)だんだんと女性に好かれるためのコツみたいなものがわかってくると思います(参考にしてほしいオススメ記事→安心して出会うために取るべき行動)。

そうすれば、キャッシュバッカーとして活動しているはずの女性にも、好きになってもらえる日がやってくるかもしれません。