不倫にハマる女性

好かれようと思ってやっていることが逆効果になることだってあります

特に、男性が女性の気持ちを惹きつけようと思ってやっていることは逆効果になることが非常に多いですね。その代表例といえばやっぱり自慢話です。女性に対して自慢話をしようとする男性は非常に多く、残念ながらその男性の大半は女性から嫌われることになるのですが、自分の話に夢中になる男性ほど女性の話を聞こうとせず、おまけに自慢話というものが相手の反感を買っているのだということに気がつかない場合が多いので、はっきり言ってもうどうしようもない状態なんです。

実は私は逆援助アプリを利用して一人の人妻と出会い、その女性から、若い女性がどういう価値観を持っているのかなど、いろいろなことを教えてもらいました。人妻からのアドバイスは、私が将来的に本気で恋をすることになった時に役に立ちそうなものばかりでした。

彼女に言われたことにの中で特に印象に残っているのは、女性がどんな男性を好きになるのかというのは本当に人それぞれ恐ろしいほど違うけれども、逆にどういう男性が女性から嫌われるのかというパターンは非常によく似ているということがわかりました。

細かく言えば、責任感のない男性(なんでも人のせいにする男性)他人のことを馬鹿にする男性(お付き合いしているパートナーに対してもつらく当たる女性)などいろいろありますが、やっぱり一番は、人の話をあまり聞こうとしない男性と、自慢話ばかりする男性ということですね。

実は、自慢話ばかりする男性と人の話を聞かない男性というのは、似通っている部分もあるのです。自慢話ばかりする男性というのは、たいてい女性の話を聞かないものですから。逆に言えば、女性の話を親身になって聞くことができる女性というのは、多少は不細工であっても無条件で女性から好かれる傾向にあるとも、人妻は教えてくれました。

繁華街などを歩いていると、どう考えても外見のレベルが釣り合っていないカップルがいて、しかもそういう場合は、なぜか女性のほうが美人で男性のほうが不細工というパターンが多いのですが、これが援助交際ではないのだとすれば、美人とお付き合いすることができている男性というのは、外見ではなく中身で判断された結果、好きになってもらえたということになります。

なんで顔が悪いのに美人と付き合うことができるんだろうと不思議に思う男性もいるかもしれませんが、その男性をパートナーとして選んだ女性の気持ちとしては、男性がどれだけ不細工であろうが関係がないのですね。ここでB専という言葉を使うのはちょっとおかしいかもしれませんが、そういう可能性はちょっと置いといて、美人から選ばれる男性というのはたいがい、自分の話をあまりしないで、なおかつ人の話を聞くのが非常に上手です。

不倫にハマる女性

もっと早くにmコミュを利用しておけばよかったなと思います

これは私の本音です。まさかmコミュという出会い系がこんなにも便利なものだとは思わなかったのです。出会い系サイトを便利だといって利用している人はたくさんいるけれど、そういう話は私には関係ないんだ、私の場合は、出会い系サイトを利用してもどうせ無駄で、私が望むような出会いは実現できるわけがないのだというふうに考えていました。

私と同じように、出会い系サイトを利用してみる前から、どうせ私には素敵な出会いを実現できるわけがないといってあきらめてしまっている人は多いのではないかなと思います。

確かに、mコミュのように優良な出会い系を利用したからといって、誰だってすぐに簡単に望み通りの出会いを手に入れられるわけではありません。出会い系サイトを利用して素敵な出会いを実現させるためには、ある程度経験と運が必要です。運に関しては、例えば出会った女性にふられても何度でもあきらめず立ち向かっていくというくらいの覚悟がなければ、なかなか向いてこないものかもしれません。

出会い系サイトを利用していると、どうしても自分より先に素敵な出会いを実現している人のことがうらやましくなってしまうものです。自分はこれだけ苦労をしているのに、なぜあの人は簡単に素敵な出会いを実現しているのだろうという気分にもなるかもしれません。

しかしながら、出会い系サイトを利用して簡単に素敵な出会いを実現しているように見える人でも、実はそれなりに苦労をしているものなのです。他人の性向はいとも簡単に成し遂げられているもののように見えてしまいますが、決してそういうわけではないのです。

私がもっと早くにmコミュという出会い系を利用しておけばよかったとちょっぴり公開しているわけは、出会い系サイトを利用している期間が長くなるほどコミュニケーションに関する経験値が蓄積されていって、出会いを求めるうえで絶対的に優位に立てるからです。

初心者のうちは経験値が低くて、自分なりに一生懸命、正しいやり方で出会いを求めているつもりであっても、どうしても空回りしてしまうということがあるのです。

mコミュと人気を二分するおすすめ出会系サイト→pcmax 評判

不倫にハマる女性

不倫して色々わかった事

不倫をしている人妻が私に教えてくれたのは、女性が抱える「倦怠期」という信条でした。
夫婦で生活している限り、倦怠期というものを迎える可能性は男女ともにあるわけですが、どちらかといえば女性のほうが、倦怠期というものにより強い不満を感じる可能性が強いということでした。

人によってそれぞれだというべき事情はあるのかもしれませんが、やっぱり男性が考える恋愛の価値観に比べると、女性にとって恋愛というものは、よりいっそう大ごとなんです。
特に若い女性にとって、誰かを好きになって付き合い始めるということは命がけです。
自分の意志で誰かを選んで交際を始めるんだったら、絶対に後悔だけはしたくないという思いが強くあるので、多少は高望みをしてでも初恋の相手は(つまり処女をささげる相手は)真剣に選びます。

初恋の結果がどうなる場合であれ、それは女性たちにとって本当に大ごとなのです。
かならずしも、自分にとっての第一志望の相手と結婚できるという保証はありませんが、それにしたって、結婚をするということだって女性にとっては大ごとです。
男女の恋愛は決して順風満帆に進むものではないので、今普通に結婚して幸せに生活をしている女性だって、若いころにはいろいろと辛い経験を乗り越えてきているはずなのです。

だからこそ、自分が誰かと結婚で来たら、その人とは絶対に幸せになりたいと思いますよね。
でも、どれだけ大きな幸せを感じていたとしても、やがては毎日の生活がマンネリに感じられるという現象だって起きてしまうのです。
結婚をすれば幸せになれるからといって結婚をして、実際に結婚をしてからしばらくの間はしあわせな気持ちでいっぱいだったはずなのに、それでも時間が経つとだんだん、パートナーがいる生活がマンネリであると思えるようになってしまうのです。

世の中には、結婚をしたいと望んでいてもなかなかできない人が大勢います。
結婚がしたいのにできないと悩んでいる人を支えるために出会い系サイトというものがあるといっても過言ではないわけです。
結婚したいのにできないと悩んでいる人にとって、結婚したけど幸せになれないとほざいている人なんて「お前は何をぜいたくなことを言っているんだ」と思ってしまうような相手かもしれません。

けれども、せっかく結婚したからといって幸せになれないということは、事実としてあるみたいですね。
結婚してもなかなか幸せを感じられない、または、結婚してしばらくの間はしあわせだったけれども、その幸せが時間の経過とともにだんだん感じられなくなる。
そういうことがあるからこそ、恋愛にも倦怠期というものがあるわけです。

もともと好きだった相手と、話をしていたりセックスしていたりしてもなかなか刺激を感じられなくなったということであれば、それは倦怠期です。
かならずしもお互いに何らかの責任があるとは限らず、夫婦にとって倦怠期という時期は避けられないものなのだと、出会い系サイトを利用して知り合った人妻が教えてくれました。
倦怠期を突破するために必要なものは、とにかく刺激なんだと人妻は言いましたが、結局私はその言葉に乗せられるように、人妻と不倫をしてしまっています。
確かに、セックスするパートナーが変わるだけで、セックスから得られる快感というものは随分違うみたいです。
たとえが悪いかもしれませんが、どれだけ刺激が強くて自分の好みに近いアダルトビデオでも、ずっと同じものを見続けているといつかは飽きてしまうということと同じなのでしょうか。
そういう時は違うビデオを見て気分転換しますよね。不倫ってつまりそういう意味での気分転換なのかもしれないです(コチラもご参照下さい)。

倦怠期には刺激が必要だということで、久しぶりに妻とは別の女性とセックスをして、そのことについてもちろん罪悪感もあったのですが、ふしぎなことにその罪悪感すら快楽に変わったりして、そして次にまた妻とセックスするときには新鮮な快楽を得られたりするのです。
本当に不思議なことだと思いますが、人妻から教えてもらったことは本当でした。
なんだか不倫をしたら、いつもそばにいてくれる妻のことがそれまで以上にいとおしく感じられるようになったりして、久しぶりのセックスもうまくいくようになって、夫婦の関係がちょっとだけ改善できたような気がするのです。

不倫にハマる女性

彼と私、もっと早い出会いが欲しかった

不倫ってどうしようもない感情があって、関係をもったり単に軽い気持ちで関係をもったりいろいろなケースがあると思います。
もっと早く出会っていたかった、こうした気持ちは私には本当によくわかりますし、理解できます。
だって彼との関係の中でいつもそう思っているから。
彼はお金持ちです。
だから私と密会するためのマンションを与えてもらっています。
彼とはいつもこの部屋で愛し合っていますが、やっぱり彼が帰るときはすごく寂しいです。
いつも「おやすみ」と言って部屋を出て行く彼でしたが、ここ半年は何度も部屋に泊まっていくことがあります。
家庭で何かあったのか、それとも仕事なのかよくわかりませんが昔は必ず家に帰っていたのに泊まることが増えたのです。
彼に何かを聞くといったことは私はしません。
不倫関係になってから一度も彼に対して「どうして?」「どうしたの?」といったことは口にしていないのです。
彼がするように、してくれるように私はそれにしたがっています。
不倫をしているといった感覚もなく、いつも近くに彼を感じられていることがすごく幸せなのです。
ときどき、このまま彼と一緒にいられたらと思いますが、今以上の幸せを彼には望みません。
あまり高望みしすぎると、よくないような気がしてしまうから(コチラの記事もあわせてお読みください)。
出会いが遅いだけで不倫関係になってしまったのです。
私はそう思っています。
ただ、この先どうなってしまうのかわかりませんが今は彼が用意してくれた部屋で、彼と過ごす時間を楽しむようにしています。