不倫にハマる女性

好かれようと思ってやっていることが逆効果になることだってあります

特に、男性が女性の気持ちを惹きつけようと思ってやっていることは逆効果になることが非常に多いですね。その代表例といえばやっぱり自慢話です。女性に対して自慢話をしようとする男性は非常に多く、残念ながらその男性の大半は女性から嫌われることになるのですが、自分の話に夢中になる男性ほど女性の話を聞こうとせず、おまけに自慢話というものが相手の反感を買っているのだということに気がつかない場合が多いので、はっきり言ってもうどうしようもない状態なんです。

実は私は逆援助アプリを利用して一人の人妻と出会い、その女性から、若い女性がどういう価値観を持っているのかなど、いろいろなことを教えてもらいました。人妻からのアドバイスは、私が将来的に本気で恋をすることになった時に役に立ちそうなものばかりでした。

彼女に言われたことにの中で特に印象に残っているのは、女性がどんな男性を好きになるのかというのは本当に人それぞれ恐ろしいほど違うけれども、逆にどういう男性が女性から嫌われるのかというパターンは非常によく似ているということがわかりました。

細かく言えば、責任感のない男性(なんでも人のせいにする男性)他人のことを馬鹿にする男性(お付き合いしているパートナーに対してもつらく当たる女性)などいろいろありますが、やっぱり一番は、人の話をあまり聞こうとしない男性と、自慢話ばかりする男性ということですね。

実は、自慢話ばかりする男性と人の話を聞かない男性というのは、似通っている部分もあるのです。自慢話ばかりする男性というのは、たいてい女性の話を聞かないものですから。逆に言えば、女性の話を親身になって聞くことができる女性というのは、多少は不細工であっても無条件で女性から好かれる傾向にあるとも、人妻は教えてくれました。

繁華街などを歩いていると、どう考えても外見のレベルが釣り合っていないカップルがいて、しかもそういう場合は、なぜか女性のほうが美人で男性のほうが不細工というパターンが多いのですが、これが援助交際ではないのだとすれば、美人とお付き合いすることができている男性というのは、外見ではなく中身で判断された結果、好きになってもらえたということになります。

なんで顔が悪いのに美人と付き合うことができるんだろうと不思議に思う男性もいるかもしれませんが、その男性をパートナーとして選んだ女性の気持ちとしては、男性がどれだけ不細工であろうが関係がないのですね。ここでB専という言葉を使うのはちょっとおかしいかもしれませんが、そういう可能性はちょっと置いといて、美人から選ばれる男性というのはたいがい、自分の話をあまりしないで、なおかつ人の話を聞くのが非常に上手です。